最後の禁煙はチャンピックスで

チャンピックスで重ねるステップと体への影響

チャンピックスは禁煙に対して効果がある薬の一種です。この薬の効果は、ニコチン切れによるイライラの改善が見込めるものです。
しかし、その効果を発揮するまではとても長く、いくつものステップを重ねる必要があるのです。

まず、チャンピックスの使用を始めてからの最初のステップである1週間は、喫煙をしながら使用していきます。この時既に、体にはチャンピックスの効果が出始めています。吐き気が出る場合もありますが、もし、喫煙の必要性を感じなくなったら、それをやめてしまうのが重要なポイントです。そして、2週間目で一度通院し、ここから禁煙をはじめます。4周目にもう一度通院する事になります。
それから禁煙を続け、5週間目になった所で、禁煙の効果が出始めます。喫煙によって障害が起こっていた、呼吸障害や体調不良、口臭や体臭などの問題が改善されてきます。
7週間目に入ったところで、食欲増進から体重が増える場合があります。対策として、ランニングなどの運動をするのが良いでしょう。喫煙の気を紛らわせるためにも効果がありますし、喫煙で弱った肺の機能を強化する事にも繋がります。8周目で再び通院し、ここでは身体の状況をしっかり医師に説明することが大事です。特に、禁煙の効果が大きく出始める頃ですから、それよって問題が発生したら伝えると良いでしょう。
そして12周目で医師との最後の診察を行います。ここで問題がなければチャンピックスの使用は終了です。場合によっては使用を続行することになる可能性もありますが、しっかり禁煙できていれば、そうなる事は少ないでしょう。
以上がチャンピックスで必要なステップです。禁煙は、それを完了するまでとても長いものですから、体に起こる変化を知っておき、喫煙の可能性を減らしていきましょう。