最後の禁煙はチャンピックスで

チャンピックスとアスコルビン酸と事業所での喫煙

喫煙をすることでビタミンCが欠乏しやすくなると言われています。

最近は健康食品ブームと言う事からも、必要な栄養を健康食品などから摂取する人も増えているのですが、ビタミンCを補給するのに最適と言われているのがアスコルビン酸と呼ばれている成分です。

アスコルビン酸は、ビタミンCの欠乏症の予防、壊血病などの治療などに利用されるもので、症状に応じて服用する量が異なるため、専門医の指示に従う事が大切です。

ビタミンCの需要が増大した場合、食事からのビタミンCの摂取が不十分な時の補給としてアスコルビン酸を服用する事で効果を得られると言われており、消耗性疾患、授乳中の女性や妊産婦、激しい肉体労働を行った際の補給などに良いと言われています。

尚、煙草が原因でビタミンCが減少してアスコルビン酸を利用すると言う方法も在るわけですが、煙草を吸う事で様々なリスクを生じさせることになりますし、事業所内が禁煙になっている事からも煙草を止めようと考える人もいます。

因みに、事業所の中には喫煙所が設けられている所が多く在りますが、事業所内の喫煙所内には喫煙者が一度に多く集まるため、受動喫煙などのリスクを感じてしまい、禁煙を考える人もいます。

また、消費税が8%になった段階で煙草の値段も高くなっているなどの理由からも喫煙をしたいと言う人も増えており、禁煙外来を利用して禁煙治療を試みる人も少なく在りません。

禁煙外来では禁煙治療薬としてチャンピックスが処方されることになり、チャンピックスを服用するのと、専門医からの禁煙のアドバイスを受けて治療を進めていくのが特徴です。

尚、チャンピックスには頭痛や吐き気、眠気などの副作用が起きるケースが在ると言われているのですが、身体に異変を感じた時などは専門医に相談をすることが大切です。